こんにちは、momonga(@GANTUPPA_jyoshi)です。

最近よくいただくご相談のメールに、お肌の「乾燥」、とりわけファンデーションを塗った後に顔がつっぱって困っている...というお声をいただきます。

季節の変わり目だったり、春から夏にかけて大量に浴びた紫外線が影響していたり、年齢、普段からの基礎化粧品の使い方...考えられることは数多くあります。

その方その方でライフスタイルや肌質が異なるので、一概に「これが原因!」とは断言しにくいところもあるのですが、私が気をつけていることをお話してみようと思います。

実は私もこの、ファンデーションをつけた後からの乾燥にすごく困っていた時があります。

スキンケアはしっかりやっているはず。

朝の洗顔後に基礎化粧品で肌を整えるところまでは、とっても潤って良い感じに仕上がっていたのに、その後ファンデーションを塗ってメイクを仕上げてみると...

momonga
メイクした矢先なのに乾燥してシワシワしてる....
なぜ??

今回はメイク後の乾燥について、私が実践してみた解決方法やトラブル肌にならないために日頃から気をつけていることをご紹介していきます。

下記のような症状でお悩みの方にぜひ読んで参考にして頂ければ嬉しいです。

  • スキンケアした瞬間は良いけど、ファンデーションを塗ってしばらくするととつっぱりが気になる
  • ファンデーションを塗ると乾燥した肌が目立ってしまう
  • 朝しっかりメイクしても午後になると乾燥してシワシワになっちゃうよ
スポンサーリンク

私はこうやって解決しました

つい昨日までは何も問題なかったのに、今日になって突然お肌のコンディションがパッとしないってことは誰もが経験あるのではないでしょうか?

女性はホルモンバランスも乱れがちですし、忙しい毎日からストレスや睡眠不足に陥ってしまったり、肌の変化は男性と比べても振り幅が大きいかもしれませんね。

私が突然の肌の乾燥でどうしようもなかった時にやってみたのは下記の5つです。

一つずつ見ていきましょう。

①自分の肌の状態と化粧下地が合っていない

化粧下地が合っていないと顔がつっぱる

まずチェックしてみたのは、ファンデーションの前に塗る化粧下地が自分に合っていないかも...という点です。

正直言って20代の頃は、下地に全くこだわりがなく、むしろ「つける必要ある??」って、そもそもの必要性を疑っていました。

momonga
今では、化粧下地なしでファンデーションを塗るなんて恐ろしくて絶対にできませんけど...

 

30代からのメイクには、必ず取り入れて欲しいアイテムですが、何でも良いわけではないんです。

自分の肌状態に合わないと、やっぱり乾燥してしまったり、ファンデーションが浮いてしまったり...。

momonga
なりたい自分とは真逆の方向へいってしまうことだってあるんです。

私が目指しているのは、しっとりしていて肌のムラを消して、毛穴(デコボコなどの凹凸も含めて)をカバーしてくれる下地です。

でも経験上、毛穴を目立たなくするものは、プライマーと言ってパテ埋めのような感覚で凹凸をなくすタイプのものが多く、マットに仕上がってしまうこともある。

その上からファンデーションを塗ると乾燥してカピカピになる場合もあるんです。

乾燥防止&毛穴対策として私が愛用している化粧下地はLUNASOL (ルナソル)のスムージングライトメイクアップベースfa-check-square-oです。

これを使うと、1日中肌がしっとりしていて乾燥知らずだし、光沢が出て内側からパーンとハリがあるピチピチお肌に見せてくれます。

SPF22/PA++で気になる紫外線対策もバッチです。

化粧崩れしにくい作用があるものには皮脂防止剤が入っていることがあるのですが、これの影響で必要な皮脂まで奪ってしまって、お肌がカピカピに乾燥してしまうということもあります。

なので、化粧下地に関してはこんな点に気をつけてみてくださいね。

  • 今使っている化粧下地はきちんと潤いを保つタイプのもの?
  • 皮脂防止剤が入っていない?
  • 仕上がりは光沢あるタイプだと乾燥が目立ちにくい!

 

②ファンデーションが肌に合ってない (リキッド・クリームタイプがおすすめ)

乾燥にはリキッドファンデとクリームタイプがおすすめ

乾燥肌の方や30代から(肌の水分量自体が不足するため)のメイクには、リキッドファンデーションをオススメします。

今リキッドを使っているという方には、さらにしっとりするクリームタイプもおすすめです。

momonga
リキッドファンデは油分を含むものが多く、仕上がりがしっとりします。

一枚の膜が顔を覆っているような状態なので、メイクを落とすまで乾燥からしっかり守ってくれます

肌のくすみやシミ・毛穴を隠すために、リキッドファンデの上からさらにパウダーファンデを塗る方もいると思いますが、乾燥が気になっている間は控えた方が良いかもしれません。

肌の気になる部分をカバーしたい気持ちは痛い程わかるのですが、自分では隠せていると思っていても、周りから見るとどうしても厚塗り感も出てしまいます。

momonga
せっかくリキッドでしっとりさせた肌が乾燥へと進んでしまうので、絶対に逆効果なんです。

 

「ファンデーションだけだとヨレが心配」という方は、大きめのブラシにルースパウダーを取って、顔全体にふわっと乗せる方法です。

momonga
私はいつもこのやり方でリキッドファンデの上にパウダーを乗せて仕上げてます♪

 

③メイクの仕上げにパウダー使ってない?

仕上げのパウダーで乾燥しているのかも

上の項目と少しカブってしまうのですが、リキッドファンデーションでしっとりさせた肌の上からルースパウダーや粉おしろいをパフを使って乗せてしまうと、絶対に乾燥します

私もずっとやっていた事なんですが、リキッドだけだと化粧崩れが心配だし、なんとなく頼りない。

よりキレイに仕上げたいから、パウダーを仕上げに乗せるというもの。

ある日、ルースパウダーなら自然に仕上がるかなと、乾燥なんて一切考えずにしっかりつけていたのですが、毎回このパウダーの後につっぱりを感じていることに気づいたんです

それで次の日から、このパウダーをつける工程を飛ばしてみると、一瞬で乾燥は改善されました!

momonga
ちょっとしたメイクの仕方で乾燥していた肌も格段に変わりますよ♪

でも、どうしてもパウダーを使いたいという方は、ポイント使い大きめのブラシを使って軽く乗せるのがオススメです。

たとえば頬の高い位置や額・顎の辺りだけ、部分的に乗せて乾燥してしまっている部分は絶対に乗せないという感じです。

リキッドファンデの上からパウダーで押さえるというのは、メイクの基本だと思い込んでいたので、なぜ仕上がりが乾燥してしまっているのか全くの疑問でした。

肌の状態が気になる時だけでもいつものメイクの工程を見直して見ると、意外に簡単に解決できちゃうことだってあるんですよ。

 

④肌が乾燥していないかチェック!とにかく保湿が肝心です

メイク以前に肌自体が乾燥を引き起こしてしまっていることも考えられます。これに関しては、【実体験】私はコレでたるみ毛穴を改善しました!fa-check-square-oでもお話していることなのですが、紫外線によるダメージや加齢、偏った食生活などなど、様々な要素が影響していることがあります。

肌が乾燥してしまう主な原因
・紫外線によるダメージ
→肌内部のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が減少してしまう
・加齢
→年齢と共に水分保持力が低下してしまう
・間違った洗顔&クレンジング
→肌を守る必要な皮脂まで洗い流してしまっている
・女性ホルモンの減少
→ヒアルロン酸・コラーゲンを維持する力が衰えてしまう
・睡眠不足
→エストロゲンの分泌が減少して女性ホルモンが乱れやすくなってしまう
・ストレス
→水分を保持するセラミドが分解されてしまう

momonga
肌の一番の大敵は乾燥です!

乾燥してしまうと、ファンデーションの乗りはもちろんのこと、たるみが加速してほうれい線や毛穴を目立たせてしまうことになります。それだけは絶対に阻止したいので、最低でもすぐに実行できる紫外線対策や睡眠は日頃から意識してみてくださいね。

 

⑤基礎化粧品が合ってない

基礎化粧品が合っていないと乾燥が改善されない

お肌をケアするために毎日行う事が基礎化粧でのスキンケアです。でもこれが一番難しくって、なかなかこれ!というものに出会うまでには時間がかかったりするものですよね。

20代の頃に使っていたものがそのまま30代の肌にも通用するかというと、そうはいかないことの方が多いですし、ましてや私のように40代ともなると、現状維持はできたとしても、満足のいくスキンケアができるのかというと疑問です。

私の場合30歳を過ぎてから肌の調子が崩れ始めて、同時にシミが大きく成長し、毛穴やほうれい線まで目立つようになっていました。その頃はプチプラ大好き人間だったので、安くて良いものを探しては使ってという感じで、肌が本当に必要としているものなんて全く考えていませんでしたし、何年も先までキレイな肌でいるためにはどうすれば良いかって事も全く無視していました。

momonga
何が自分の肌に必要なのか、この先どんな肌でいたいのか、自分の肌と向き合ってみることも大切ですよ♪

ヤバイ状態になって始めて焦って探し始めた形でしたが、どれが合うかなんて試してみないとわからないことで...。これが一番!と思えるものに出会うまでは本当に、あれもダメこれもダメ、余計に荒れた...なんて状態でした。

実際今私が使っているのはビーグレンfa-check-square-oの商品です。トライアルセットで「たるみ・ほうれい線ケア」セットを注文して、みるみる内に肌が生き返っていったのを実感したのがきっかけで、それ以来ずっとリピートしています。

こちらの記事でもご紹介しているのですが、特に化粧水(QuSomeローション)・美容クリーム(モイスチャーリッチクリーム)がおすすめで、使い始めてから乾燥するということは一切なくなりましたし、いつもしっとりしていてお肌の気になる部分を目立ちにくくしてくれる感じです。

私はかなり遠回りをして今の乾燥知らずの肌を手に入れましたが、あれもこれもと自分で試していくのはとてもリスクがあることなので、よかったら私が使っている基礎化粧でお肌の変化を感じてもらえればと思います。

ファンデーションを塗った後の乾燥についてのまとめ

ファンデーションを塗った後に肌が乾燥してつっぱってしまう場合の対処法について自分なりに考えてきました。ここまでをまとめてみると...

  • 自分の肌の状態と化粧下地が合っていない
  • ファンデーションが合っていない (リキッド・クリームタイプがおすすめ)
  • メイクの仕上げにパウダーを使うのはやめよう
  • 肌自体が乾燥していないか見直してみよう
  • 基礎化粧品が合っていないのかも

メイク後につっぱるというのは、その後に問題が隠されていて、化粧下地やファンデーションを変えてみたり、メイクの仕上げを工夫することで意外とすぐに解消できてしまう場合もあります。

一方で、潤っていると思っていても、実は肌自体がそもそも乾燥していてインナードライになっているということも考えられますので、あれ?なんかおかしいな??と感じた時には今回の記事を参考に見直してみてくださいね♪

スポンサーリンク

よければTwitterフォローお願いします!

こちらも要チェック!おすすめの記事