• レーザー治療後にカサブタは取れたけど、未だにシミが残っていて不安
  • シミを取るためにレーザーを当てたのに逆に濃くなってる気がする
  • 狙ったシミが完全に消えるのはいつ?

についてお答えします。

アラフォー女子のmomonga(@GANTUPPA_jyoshi)です。

レーザー治療後の症状の一つとしてこんなものがあります

「カサブタが取れた時にはシミがキレイになっていたのに、しばらくして取れたはずのシミが逆に濃くなってしまった」というものです。

思い切ってレーザー治療をしたのに、シミに変化がみられないとものすごく不安になりますよね。

今日は、治療後に逆にシミが濃くなってしまった時の対処法その原因、またそうならないための術後のポイントをまとめてみました。

焦る気持ちはわかりますが、まずは落ち着いて要点ごとにチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

消えたと思ったのに再びシミが!?これって再発?

消えたと思ったのに再びシミが!?これって再発?

せっかくシミ取りレーザー治療を行ったのに、しばらくすると再び消えたはずのシミが再発してくることがあります。

実はこれ、特別に珍しいことではないんです。

照射から1~2週間後にカサブタが自然に剥がれ、その後1~3ヶ月かけてピンク色の皮膚が厚くなって徐々に周囲の皮膚と馴染んでいくのが一般的シミ完治までの流れです。

ですが一時的に治ったと思っても、カサブタが取れた後 数週間で患部がぼんやりとくすみ、まるでシミが再発したかのように黒ずんで来る事があるんです。

この状態の事を「炎症後色素沈着」と言うのですが、これはシミではなく傷跡のようなものです。ご安心ください!

momonga
カサブタが取れたらシミがなくなってキレイなっているものだとばかり思っていました。

 

患部が一時的に濃くなってしまったかのように見えても、肌内部では完治に向けて新たな肌の再生が進んでいる状態です。

レーザー治療を受けた方の約半数が経験すると言われている症状で、焦らず処方された軟膏を塗り、きちんと紫外線対策をしていれば徐々に薄くなっていきますからね♪

ダウンタイムにケアを怠るとシミ再発も・・・

ダウンタイムにケアを怠るとシミ再発も・・・

シミが治って行く段階で一時的に濃くなってしまう「炎症後色素沈着」。

この症状は、正しいケアを行う事で徐々に薄くなり完治に向かって行くとご説明しました。

しかし、いわゆるダウンタイム」と言われるレーザー照射後1~2週間の内に患部に何らかの刺激を与えてしまった場合には注意が必要です。

ダウンタイムに特に気をつけたいポイント
  • 患部を洗顔の際にゴシゴシ洗ってしまった
  • 処方された軟膏を強く塗りつけてしまった
  • UV対策が不十分のまま紫外線を浴びてしまった

ダウンタイムは患部が想像以上にデリケートな状態です。

ちょっとした刺激が元となり、シミがきちんと消えなかったり新たなシミの原因となってしまうことがあります。

momonga
レーザー治療は、とにかく患部を徹底的に保護する事を忘れずに!

レーザー治療は最低でも1〜3ヶ月の治療期間が必要なのですが、この期間中きちんとケアしていたのに「シミが薄くなっていない」「照射前より色が濃くなっている」場合には

自分で判断せずに治療を行ってくれたクリニックに直接相談しましょう。

スポンサーリンク

レーザー後にシミが逆に濃くなったらどうすれば良いの?

レーザー後にシミが逆に濃くなったらどうすれば良いの?

シミを取るためにレーザー治療をしたのに、逆に濃くなっていると不安で仕方がなくなります。

でもこれはほとんどの人が通る道。

治る過程で一時的に濃くなったかのように見えているだけのケースがほとんどなんです。

なので、治療後はとにかく毎日地道に患部に軟膏をぬったり紫外線対策をしたりとコツコツケアしてあげることが大切になってきます。

それでも不安な場合は下記を検討してみてください。

  • 3ヶ月経っても薄くなる兆しが見えなければ、治療をしたクリニックへ相談する
  • クリニックを変えセカンドオピニオンを仰ぐ
  • ハイドロキノンやトレチノインで残ったシミをピンポイントで気長にケアする
  • シミが残っている箇所を再び同じレーザー治療をする(医師と相談)

私のおすすめは、元々のシミの程度や肌のターンオーバーを考えると焦らず3ヶ月間は患部へのケアを続けてみることです。

私もレーザー治療を初めてした時は、何が正解なのかよくわからず不安な気持ちでいっぱいでした。

momonga
クリニックに相談もしてみましたが、やはり地道なケアと時間が解決してくれましたよ。

シミは突然できたわけではないので、取る時にも長い目でつきあってあげることが必要です。

レーザー治療に失敗しないための術後のポイント!

シミ取り前〜レーザー照射1ヶ月後の画像

レーザー治療の後は過剰なくらいしっかり紫外線対策することが大切です。

クリニックで処方された軟膏を塗ったり、保護テープを貼ったり...レーザー治療を失敗に終わらせないためにやりっぱなしにせず、その後のケアも頑張っていきましょう。

失敗しないレーザー治療!必須アイテム
  • 帽子
  • 日傘
  • UV加工保護テープ
  • 日焼け止め
  • 美白コスメ
  • 日焼け防止サプリメント

帽子や日傘は当然ながら必須アイテムですよね。

でも私が特におすすめしたいのが「日焼け防止サプリメント」「美白コスメ」です。

【汚肌につき閲覧注意】私のシミ取りレーザー経過写真公開しますの記事でもご紹介しましたが、私は治療直後から1年以上経った今でもこの2点は愛用し続けています。

日傘や帽子がなくても安心!おすすめ美白サプリメント

一時的に患部を保護するための目的だけじゃなくて、今後絶対にシミを再発させないために毎日欠かさず取り入れているのが日焼け防止サプリ美白コスメです。

シミが顔中にあった時には他人からも指摘されてしまったり、外出しても周りの目が気になったり...本当に精神的に辛かったです。

そんな状況からなんとか脱出したかったのでレーザー治療に踏み切ったわけですが、あの苦痛を二度と味わいたくない。そんな気持ちからこの2点は欠かすことがありません。

日焼け防止サプリメントは色々なところから販売されていますが、私はビーグレンのSIMIホワイトfa-check-square-oを愛用しています。

SIMIホワイト

今あるシミにも作用し、また日焼け防止効果もあるので日傘や帽子が使えない場合にも飲んでおけば効果があるので安心していられます。

口コミでも定評のある美白コスメ

ビーグレンホワイトケア

美白コスメに関しては、コスメジプシーで自分に本当に合う化粧品が何なのかわからず、試してはやめ、試してはやめしている時に偶然出会ったものです。

始めは「ほうれい線」と「たるみ毛穴」を解消するために使い始めたのですが、肌がみるみる生き返っていってハリが戻ったことに感動!

以来、シミにピンポイントで効果を発揮してくれるホワイトクリーム1.9も購入して一緒に使い続けています。

今ある基礎化粧品にプラスして美白クリームだけを取り入れても良いですし、ホワイトケアfa-check-square-oという美白に特化したラインに変えても良いですね。

気になる方は、1週間のトライアルセットが用意してあるので実際の使用感を試してみるのもおすすめですよ♪

まとめ

今日は、シミ取りレーザー治療後に逆にシミが濃くなってしまった場合の原因や対処法についてお話してきました。

キレイにするつもりで思い切って治療に進んだのに、かえって濃くなってしまうと本当に消えるのか不安な気持ちになりますよね。

レーザー治療後に最も大切な事は、患部に刺激を与えないようにケアを続ける」また「紫外線対策を万全にする」ということです。

照射後の患部は本当にデリケートな状態。

慎重にケアを続けた上で、その後3ヶ月以上経ってもシミが残っていたり、濃くなってしまっている場合にはまず治療をしてくれたクリニックに一度相談してみてくださいね。

おすすめ関連記事

スポンサーリンク

よければTwitterフォローお願いします!

こちらも要チェック!おすすめの記事