見た目年齢ー10歳を目指しているmomonga(@GANTUPPA_jyoshi)です。

老けた印象に見られてしまう要因の1つに「ほうれい線」があります。

指で自分のほうれい線を少し引き上げてみると、見違える程に若く見えませんか?

「あ〜、これぐらいハリがあってリフトアップできれば、印象が大分変わるのにな...」なんて半ば諦めちゃってる方もいるのでは?

momonga
この、ほうれい線。シワなのかと思っている方も多いかもしれませんが、実は皮膚の「たるみ」なんですね。ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢に雲泥の差が生まれます

 

諦めるなんてまだまだ早いですよ!ほうれい線は消せるんです

但し、これだけをすれば解決する!という魔法のような言葉にはご注意を。

ほうれい線を解消するためには、ほうれい線の原因をきちんと理解して、正しく改善する方法を実践することが重要です。

今からでもまだ間に合います。毎日の生活で対策できることばかりですので、一緒にみていきましょう。

  • 色々試したけど結局ほうれい線改善はできなかったから諦めている...
  • 本当に効果のあるほうれい線対策方法ってなんなの?
  • ほうれい線はもちろんハリ不足で年齢を隠しきれない...
  • 年齢より見た目で勝負できる肌になりたい...

この記事はこんなことでお悩みの方に読んで頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

ほうれい線を消してハリのある肌へと改善するには?

ほうれい線を消す方法

お肌は加齢、代謝・筋力の低下、紫外線など様々な原因によってダメージを受け、それが引き金となり、ほうれい線を生み出してしまいます。

では、日々肌を蝕んで行くほうれい線の原因を断って、上向きでハリのあるお肌にするにはどうすればよいのでしょうか?

下記に対策方法を5つにまとめてみましたのでご覧ください。

    • マッサージでリンパの流れを良くしてむくみと老廃物を取除く
    • リフトアップ効果の高いコスメで内側からハリを与える
    • 筋肉の強化
    • バランスの良い食事 (成長ホルモンを促す)
    • 良質な睡眠

    加齢にも負けず、お肌のハリをキープしてほうれい線を作らせないようにするには、1つだけを実践するのではなく、上記のようにマッサージから毎日の食事までバランス良く実践していくことが大切です。

    momonga
    今あるほうれい線を消す意味でも、今後ほうれい線を作らせないためにも、あらゆる可能性を潰して行くことが肝心なんですね。

     

    1つずつ見ていきましょう。

    ①マッサージでリンパの流れを良くして、むくみと老廃物を取除く

    マッサージでリンパの流れを良くしてむくみと老廃物を取り除く

    リンパには老廃物を取除いたり、水分を回収する役割があるのですが、流れが滞ってしまうとむくみシミくまを招いてしまいます

    「流れが滞る」ということは、お肌の新陳代謝が停滞することを意味していて、これは肌の老化を早めほうれい線が深く刻まれてしまうという負のスパイラルを引き起こします

    そうならないためにも、定期的にマッサージを行ってリンパの流れをスムーズにして老廃物を溜め込まないことが大切です。

    momonga
    私は、リフトアップマッサージを毎朝実践して習慣づけしています。朝することで、その日1日ピーンとハリがキープされる事に驚きました。

    ほうれい線をたった1分で撃退!?リガメントほぐしが凄い!

    ほうれい線を1分で撃退するリガメントほぐし

    美容業界でも話題のリガメントほぐし。TV番組でもお笑い芸人の大久保佳代子さんが挑戦して劇的に変化した事でも話題になったので、耳にしたことがある方も多いかもしれませんね。

    momonga
    このリガメントほぐしが、ほうれい線改善マッサージで最も効果的であると言われています。

     

    そもそもリガメントとは、骨・筋肉・脂肪・皮膚を繋いでいる腱鞘(けんしょう)のことなんですが、これが加齢やストレス等によって硬くなり弾力がなくなると皮膚のたるみの原因となり、ほうれい線を引き起こすのです。

    「顔 リガメント」の画像検索結果

    なので、ほうれい線を作らせないためにはこのリガメントを刺激して常にピンと張った状態を保つ必要があります。

     

    4カ所のリガメントをほぐして瞬時にほうれい線を消す方法

    顔にはこのリガメントが合計16カ所存在しています。

    その中でも、ほうれい線と関係しているものは8カ所。下図の赤●の箇所です。
    顔のリガメント4カ所を刺激してほうれい線を消す

    丁度、頬骨の出っ張った部分に添って左右4カ所ずつあります。この部分を「痛気持ちいい」程度に押してあげることで、たるみもスッキリしますよ。

    リガメントほぐしの手順
    1. 頬骨の下辺りにあるリガメント4カ所親指を垂直にあて、骨の下にもぐらせるように入れて押す。(親指は顔に対して垂直に入れるのがポイント!)
    2. 1カ所につき5秒程度押す。
    3. これを3回1セットで繰り返す
     このリガメントほぐしの有効期限は約1日。痛気持ちいい程度を1日1回継続して行うことでリガメントのハリがキープされお肌がリフトアップされた状態が続きます。但し、やりすぎは禁物!リガメントが傷つき逆効果になってしまうので注意してくださいね。

     

    リガメントほぐしを実践!

    下記の動画でリガメントほぐしについてわかりやすく説明されています。

    リガメントほぐしについて解説されている方は、六本木にある美容サロン「リュウズクリニカルスパ」の Dr.Liu先生です。日本で初めてケミカルピーリングを導入し、ニキビやシミ、シワ治療のパイオニアです。

    この若さで、なんと73歳なんですって!!もちろん、ご自分でも毎日リガメントほぐしをされているそうですよ。

    お肌は毎日紫外線の刺激やあらゆるダメージを受け続けています。

    なので、そのダメージを次の日に繰り越さないよう、その日の内にしっかりケアしてあげることで、ほうれい線のない美肌をキープすることができるのです。

    momonga
    リガメントほぐしを毎日のスキンケアの際に取入れて、たるみのないスッキリとした若々しい肌を手に入れましょう。

     

    ②リフトアップ効果の高いコスメで内側からハリを与える

    ほうれい線対策にはコラーゲンとエラスチンが配合されたコスメを使う

    ほうれい線を消すためには、必須成分である「コラーゲン」や「エラスチン」が配合され、また浸透力の高いコスメを使用するようにしましょう。

    肌内部では、コラーゲンとエラスチンが1セットとなって網目状になりネットワークを張り巡らせ、肌のハリを維持させると共にシワやたるみを防いでいます。

    コラーゲン・エラスチンがシワやたるみを防いでいる

     

    このエラスチンが不足するとコラーゲンを支えることができなくなるため、肌の弾力がなくなり、たるみやほうれい線の原因へと繋がって行きます。

    momonga
    残念ながら、コラーゲンもエラスチンも20代をピークに年年々減少していくものです。

     

    毎日のスキンケアでこの2つの成分を補うことで、ハリも戻ってきますし、乾燥した肌を内側から潤すことができるんです。

    「たるみ 顔」の画像検索結果

    おすすめ!ほうれい線を消すスキンケア
    私が実際にほうれい線改善に使用しているスキンケアはこちらです。
    使用5日目にしてここまでお肌がキレイになりましたよ。ほうれい線はもちろん、たるみ毛穴乾燥小ジワも気にならなくなりました。
    ビーグレンビフォーアフター

     

     トライアルセットなら1,800円でお試し可能です。もちろん万が一合わなかった場合は365日全額返金保証付きです!現在、トライアルセットも5%オフのセール開催中です。

     

    ③筋肉の強化

    顔は30種類以上の筋肉が重なり合って表情を作っています。

    顔には20種類以上の表情筋がある

    体と同じで鍛えなければたるんでしまうのは当然です。

    鍛えず何もせずにいると、ほうれい線ができるだけではなく、顔まわり、頬、あご下、デコルテ、首がどんどん下がってオバ顔に...。

    momonga
    顔のエクササイズを隙間時間に取り入れて、若々しい印象の顔をキープしましょう。

     

    舌まわしエクササイズ

    簡単なエクササイズですが、血行が良くなり新陳代謝が促されることで、ほうれい線を薄くする効果があります。

    口の中で円を描くように舌を回すので、左右均等に口まわりの筋力強化が可能です。

    「舌回し」の画像検索結果

    舌まわしエクササイズ
    1. 口を閉じた状態で、舌を歯の外側に添って、ぐるっとまわします。
    2. これを右左それぞれ20回ずつ行います。
    3. 20回1セットで1日に3回行います。

    やり始めは舌をまわすのが、こんなに辛いのかと思う程、慣れていないと応えるものです。でも毎日行うことで、少しずつ苦にならずに実践できますので、ぜひ続けてやってみましょう。

     

    ④バランスの良い食事

    「ビタミンC コラーゲン 食事」の画像検索結果

    食事は私たちの血となり骨となります。毎食気をつかって口にしたいところですが、なかなか思い通りにならないこともありますよね。

    特にダイエットをしている方は栄養が偏りがちです。食事はバランスを考え栄養素をまんべんなく摂取するのがベストなのですが、ここでは特にほうれい線に効果的な3つの栄養素をご紹介します。

    ほうれい線、つまりたるみに効果的な栄養素は、コラーゲン・ビタミンC・ビタミンBの3つです

    momonga
    ほうれい線はシワではなく、たるみから派生したものなので、とにかくお肌のハリを取り戻す必要があります。

     

    コラーゲン

    コラーゲン

    人間の体の60%は水分でできていますが、その次に多いのはタンパク質です。

    コラーゲンはこのタンパク質の重要な構成物質で体の基礎を作っていると言えます

    momonga
    特に肌にはコラーゲンが集まっていて、真皮層の70%はコラーゲンで出来ています。

     

    コラーゲンは年齢と共に減少し、50代では20代の半分にまで低下してしまいます。コラーゲンが減ってしまうと、たるみ(ほうれい線)やシワの原因となり老化が加速してしまいます。

    コラーゲンが多く含まれる食品
    • 鶏肉 (皮)
    • 牛スジ
    • エビ
    • フカヒレ
    • うなぎ

    ビタミンC

    ビタミンC
    ビタミンCはコラーゲンの生成を手助けする作用やメラニン色素の生成を抑制する効果があり、スキンケア商品でもビタミンCに着目した商品を目にすることが多くなってきました。
    ビタミンCは、一度に大量に摂取すると尿として流れてしまいますので、一気に摂るよりも1日を通してこまめに摂る方が効果的です。

    momonga
    美容目的の場合、1日の推奨摂取量は1000〜2000mgがおすすめです。

     

     

    ビタミンCが多く含まれる食品
    • 赤ピーマン
    • パプリカ
    • ブロッコリー
    • にがうり
    • アセロラ
    • いちご

    ビタミンB

    ビタミンB
    ビタミンBは、新陳代謝・細胞分裂を促したり、アミノ酸からタンパク質を合成して美肌を作る重要な栄養素です。
    お肌の良い状態をキープするだけではなく、髪の毛や爪を美しく保つ上でも大きな影響を与えます。
    また、ビタミンCの補助する重要な働きも担っていますので必須栄養素と言えます
    ビタミンBが多く含まれる食品
    • レバー (豚)
    • 納豆
    • まぐろ
    • かつお
    • いわし
    • さんま

    ⑤良質な睡眠

    関連画像

    睡眠とお肌の状態には密接な関係があります。

    しっかりと睡眠をとることで成長ホルモンが分泌されるのですが、この成長ホルモン、お肌のターンオーバーを正常に整え、美肌のキープに欠かせないものなんですね。

    きちんと睡眠を摂れていないと、成長ホルモンが分泌されず、新陳代謝が低下して血行不良に

    momonga
    お肌に十分な栄養が行き届かなくなるため、たるみ(ほうれい線)やシワの原因となります!

     

    睡眠は最初の3時間が勝負!

    良質の睡眠

    睡眠のゴールデンタイムと言われているのは、夜10時〜深夜2時までという話しを耳にすることがありますが、実はこれ、正しい情報ではないんです。

    以前は、成長ホルモンの分泌による新陳代謝が最も活発になるのがこの時間だと考えられていました。

    momonga
    現在では「何時〜何時」ではなく、「眠りの深さ」が重要だということが分かって来たんです。

     

    成長ホルモンは、眠りについてから約3時間で多く分泌されます。その中でも特に、最初の90分間で最も多くなります

    なので、たとえ眠るのが深夜になってしまったとしても、また睡眠時間があまり取れなかったとしても、最初の3時間にどれだけ深く眠れるかが重要なんです。

    ほうれい線ができる5大要因はコレだ!

    「ほうれい線」の画像検索結果

    そもそも、ほうれい線ができる原因って何なんでしょうか?

    年齢と共にほうれい線の影が濃くなってきたから「加齢が原因!」と容易に思いつきますが、決してコレだけではないんです。

    ほうれい線の正体は「しわ」ではなく「頬のたるみ」

    ほうれい線の原因
    1. 加齢
    2. 紫外線によるダメージ
    3. 筋力の衰え
    4. 代謝の悪化
    5. 生活習慣の悪化(成長ホルモンの減少)

    このように、ほうれい線には5つの原因が挙げられるのですが、その他にも急激なダイエット肌の乾燥もほうれい線を作る原因となってしまいます。

    加齢成長ホルモンなど内的要因の他にも、紫外線や肌の潤いが不足する外的要因も大いに関係していますので、トータルバランスを考えてケアしていくことが大切です。

    スポンサーリンク

    ダメージを受けた肌はジワジワとほうれい線を作り出す

    これらのダメージがどのように肌に影響を及ぼすかというと...

    皮膚のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・皮下脂肪の減少を引き起こす

    さらに、これらが減少することによって...↓↓

    • 引き上げる力が減少
    • 皮膚がたるむ
    • 顔がむくむ

    ほうれい線を生むダメージ図

    肌の弾力を手伝っているコラーゲンやエラスチンが減少。

    さらに作り出して行く力も落ちてしまうためハリが失われ、ほうれい線となって顔に現れるんです。

    momonga
    たるみが現れてしまう前に、毎日の生活でケアしていくことで、肌はきちんと応えてくれます。

    ぜひほうれい線対策を取入れてみてくださいね。

    お試しエステで肌をリセット!
    ほうれい線改善のために色々試しているけど、なかなか一向に薄くならないし改善されない!
    そんな時は、心もリセットしてあげるのが大切!「たかの友梨のお試しエステ」ならエイジングケアコースが60分 ¥3980で体験できます♪
    日頃から頑張っている自分へのご褒美にもお得にお試ししてみるのもアリですよね。

    まとめ

    今回は、ほうれい線を改善するために効果的な方法、そしてほうれい線ができてしまう原因とその対策についてお伝えしてきました。

    ほうれい線があるせいで、「老けてみられてしまう」「ほうれい線がどうしても消えない」と悩んでいる方は男女問わずとても多くいらっしゃいます。

    今回お伝えした5つの改善方法をぜひ毎日の生活に取入れていただくことで、きちんとお肌は応えてくれます。効果を出すために守って頂きたい点は、1つ!マッサージの際に「やりすぎない」ことです。

    悩みを改善したいお気持ちは十分わかるのですが、必要以上にマッサージを強く行ってしまったり、長時間に渡ってやり続けてしまうと、逆に老廃物が肌内部に溜まってしまい たるみを招きます。

    痛気持ちいい程度でお肌に刺激を与えてあげて、効果を実感してくださいね。

    スポンサーリンク

    よければTwitterフォローお願いします!

    こちらも要チェック!おすすめの記事